復活の火

テレワークが加速すると、ファッションはどうなっていくのでしょうか。

9年前も「一気にリモートが加速し、通勤からは解放される」といった予測はありましたが、結局はそうはなりませんでした。

もちろん、SaaSは、クラウドサービスがコスト安くつくれるタイミングになって花開いたように、テクノロジーが一般普及タイミングまで追いつくことで起きるブレイクスルーもあるとは思います。

 

しかし、「人と人が会う」ことが重要というのは、”Stay Home”外出を控えて人と会わなくなった方には、それこそ身に染みてわかったことではないでしょうか。オンライン会議では対面で分かっていた機微など微妙な間合いはわかりにくいですし、生産性全体は決して上がらないと思います。(一方で、「無駄に」対面コミュニケーションが発生したが、言語化によって、各員のタスクを明確し、おのおののペースでやりやすい、という職場もあるかとは思います)

 

 

結局3.11のあと、テレワークの促進やフレックスは、社員の働き方に力を入れる会社だけでしたし、東京一極集中が止まることはありませんでした。

最大の関心点にして不明点である「どのていど、この状況は続くのか?」によって、これは変わってくるでしょうが、「新しいふつう」となりつつある現在の働きかたが「当たり前のふつう」になる前であれば、基本は元に戻したいという団体・企業が多そうです。

ただし、3.11以降、働き方は(少しかもしれないけれど)、より多様的になったように、「収束」となっても、多様な働き方への変革は変わらないのではないでしょうか。

 

そしてファッションも、よりリラックスしたスタイルで働こうというトレンドは変わらず、「新しいふつう」となっていくのではないでしょうか。ノータイOK、TシャツOK、スニーカーOK…といったこれまでの流れは加速されそうです。オンライン会議で、自室からノータイだったり、Tシャツ姿の上司や同僚を見た後に、社内業務の日にスーツ着なきゃ、とはならなそうですよね。

 

最近のトレンドと言いますか、ポジショニング戦略と言いますか「スーツはオンオフ関係ない人に着たい人が着る」という「仕事は着なきゃ!」から「スーツ着ている人はかっこいいよね」への転換があるように思えますが、「ビジネスファッションスタイルのよりカジュアル化」が進んでいけば、「仕事だからスーツを着なきゃ」という層はどんどん減っていきそうです。

ネクタイや革靴なんかも、スーツと同じく、人によってはより「要らないかも」となっていくアイテムでしょう。

しかし、変わらず装いとしてスーツスタイルを選択する人たち―国際政治やビジネスのとくに経営の関係した分野にかかわる人々―や、あるは個々人で、ネクタイをかっこいいと思ったり、革靴の紐を結ぶことに心地よさを覚える人は一定数いるでしょうから、興味関心を持つ人を広く育てていくことがより大事になるのかもしれません。

あるいは、他業界で言われるような「コスパのいいもの」と「高価格・高品質」の2種に統合されていくのかもしれません。

 f:id:thumoto:20200425233826j:plain

「社会人になったら着なきゃ」の脅迫的な固定概念が薄まっていくなか、それ以外の、それこそエスタブリッシュメントが着ていたルーツを活かしたような在り方が確固としてあればいいのですが。

趣の果て 至上の時

f:id:thumoto:20191223180755j:plain

革靴愛を語る投稿がちょっと盛り上がっていたようで。

 

・革靴について https://anond.hatelabo.jp/20200203232919

・革靴の沼にハマりつつあるハードウェアエンジニアの備忘録 https://anond.hatelabo.jp/20200219225124

 

基本的にスーツもそうですが、革靴も、エスタブリッシュメントとかエリートいえばいいのか、いっちょ前の立身出生しそうな人が身につけるもので、ここ50年で「サラリーマン」が増えて、それ以前の「ホワイトカラー的な職種=スーツっしょ」が拡大解釈され続けてきているから、無理やり着用するものとしてルール化されているのではないでしょうか。

だからこそ、

 ・スーツ=堅苦しい
 ・革靴=窮屈

と認識が生まれる一方で、<本当の>スーツや本格靴は楽なんだよ!言説も生まれて、その分断には、逆方向へとキョリが生まれ続けている気がしてなりません。

階級や出自を表している服装としてスーツがあるのであれば、既成のファッションルールとそこからの固定概念に縛られないことを表すカッコウとして、「ジャケット+Tシャツ」のようなスタイルが確立されてきたわけですし、仕事のアウトプットも「相手との合意形成を得る」「秀逸なプロダクツを作る」「課題を探し出して解決法を出す」「人に興味・関心を持ってもらう」など職種によって評価ポイントは違うはずなので、必ずしも「立派な」ファッションが必要なわけではありません。

 

政治家やコンサルタントのような、人へのコミュニケーション・納得感を得てもらうことが重要視される仕事なら、スーツや革靴の意義は大きいでしょうが、一方で、「コピーライターがスーツ・ネクタイでコピーを提案すると信用度はむしろ下がる」みたいな話もあるわけで、結局はブランディングとして何を訴えていくか?になるわけです。

007やキングスマン、シャーロックやSUITSにあこがれてスーツを着たくなった人と、仕方なく着なきゃいけない人には大きな差があるはずなんです。

メンズファッションの着こなしを指南する本の多くは、紙幅の関係なのか、「そもそもスーツをちゃんと着るとかっこいいよ」としか言いいませんが、その前段が重要なのではないでしょうか。

 

 <メンズファッション指南本あるある>

 ・欧米の政治家の服装と日本の政治家の服装の違い
 ・ここが変だよ日本のメンズファッション
 ・本当に強い服装(こっから解説)

 

前述の通り、いまは自分が着たいものを着ていい時代のはずなんです。自由に、限りある金銭・時間・体力のリソースを何に分配するかは人それぞれなのですから、「スーツもジーパンも、革靴もサンダルも共存できる職場」でもいいはずなんです。逆にそれは印象のアウトプットが「●●なら正解」ではなくて、自分ですべて組み立てる必要のある怖い世界でもあるのですが。

(そして、ジーンズといっても3000円のジーンズと10万円のジーンズみたいな、さまざまな文脈があるわけですが、それはともかく)

 

そのうえで、スーツスタイルが好き、革靴が好きを作っていく、口説いていくのが、斜陽といわれるメンズファッション産業で健全かつ重要なのかもしれません。

 

 

ちなみに、私は革靴ではガジアーノ&ガーリングが最も自分の足にあっていると考えております。革靴の楽しさは買った時が最上ではなくて、履いて磨き込むたびに、「自分だけの一足」として深化していくことでしょう。アンティークのほうが価値があると思えるような付加価値をプラスできるところが、醍醐味(しかし、冷静になると市場価値はなくなっていくので倒錯なのでしょうが)。

そこで評価されるのが①自分の足に合うのか ②革素材がいいか ③デザイン 等なのですが、特にガジアーノガーリングは、かかとの小さい私の足に合うだけでなく、底に使う革素材が固く、長い距離を散策する私でもなかなかそこが擦り減らないところがとても気に入っています。

 f:id:thumoto:20191208142925j:plain

自分のお気に入りの靴で、良い人生を。

甲乙の彼岸

Less is moreという建築界で有名な言葉がありますが、ごてごてした装飾ではなく、余計なものをそぎ落としたシンプルなデザインだからこそ、惹かれるものがあるのでしょう。しかし、それは手間ひまやコストを惜しんだ、というわけではないと思います。時計の「ノモス」「ユンハンス」といったドイツの時計ブランドが決して安くはない(もっと高い価格帯からリーズナブル、ということはできるかもしれません)が、人気が出るのもデザインがシンプルだからこそ、でしょう。
ダニエルウェリントンが人気があるのは、「時針・分針・秒針」だけのシンプルさで、リーズナブルという後押しもあって、大変多くの人に、求められたがゆえに、「みんな持ってる」が、マイナスの購入理由となってしまったのかと。しかしだからこそなのか、ダニエルウェリントン以降の流行り、というのは非常に見えにくくなっているのかと思います。

f:id:thumoto:20191130235555j:plain

メンズファッションでのフォーマルな恰好としてのスーツや、革靴デザインの基本デザインが変わらないのは、シンプルさゆえの変更の難しさなのかもしれません。とはいえ、ダブルモンクが生まれたのは1940年代と聞いたことがありますし、ガジアーノガーリングのAntibesは革新的なデザインだけど、それでいてシンプルで、普遍的と思えるシンプルデザインは、新しく増えないというわけでもなさそうです。(一方ジャケットやコートは顔に近いせいか、あるいは出尽くしてるのか新規デザインが新たにスタイルとして確立するのは難しそうです)


革靴で言うとCaptoeもシンプルさの極み。しかしてよくよく見てみるとシルエットがブランドによって異なるから、面白いのでしょう。

f:id:thumoto:20191130235117j:plain

すでにミヤギコウギョウの一足で充分かと思っていたキャップトゥ。縁あって、ガジアーノガーリングの一足を手に入れました。

ユニオンワークスで展開してるパンチドキャップトゥCambridgeがなぜかキャップトゥ仕様になっていたもの。

http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2749.html


こちらのマイサイズがたまたまあってつい手に入れてしまいました。

もともとはOxfordというモデルですので、Oxbridgeともいうべきでしょうか。

GG06のラウンドトゥは上から見るとスクエアトゥよりに見えるが外めはクラシックなラウンドトゥという絶妙なバランスの木型。


これまで、エドワードグリーンなども合うかな、と思っていたところでしたが、この木型はまさにジャスト。キツイ、の一歩手前の緊張感で足に寄り添う一足です。

f:id:thumoto:20191130235237j:plain

個人的には足の曲がる位置のせいなのか、キャップトゥのキャップ部分にシワが入ってしまうことがあり、それが気になる(神経質……)のですが、これは少なくとも現在はうっすらシワが入る程度で、その問題もクリアしそうです。

(ちなみにWFGのミヤギコウギョウはキャップ部分にシワは入りませんでしたが、百貨店のMIYAGIKOGYOは入ってしまい……やはりそういうところもWFGラストの方が個人的にはあっている印象です)


すでにローファーAntibesを持っていましたが、こちらはハーフサイズ落としました。まだ、甲は開きますが、だんだん閉じていく、といいな。


履き慣れたミヤギコウギョウのベニバナと、高貴で足に吸い付くガジアーノガーリングのOxbridge。2足のキャップトゥで今後の重要イベントは乗り切って行けそうです。

サイレントリカバリー

靴を点検してるときに悲しいこと…

色々な形のキズが付いてしまうことがあります。気をつけていてもガリっとやってしまうこともありますし、いつの間にやらなんだか変なキズが付いていることもあります。

無論、未然に防げればベストですし、見つけた時は落ち込みますが、それを補修して付き合うのも、自分だけの唯一無二の靴と言えるでしょう。


こすった、くらいであればクリームを塗る際、厚めに塗ったりワックスでなんとかなりますが、明確な傷や欠けてしまうようなタイプだとそれでも目立ってしまいます。

そこで、用意するのは紙ヤスリ。

紙ヤスリの「荒いやつ」と「細かいやつ」を2〜3種類用意して、荒い方から順番にキズの周りをヤスリがけ。そうするとキズがごまかせる……というものです。


紙ヤスリは番号が高いほど細かいのですが、私は240番と500番を使ってみました。

キズがあったのはエドワードグリーンのローファー「ピカデリー」。

悲しいことに左の側面に切傷のような痕が……

やることはシンプルで、240番でキズ周辺を磨くとやや毛羽立ちます。その後、番手の高い紙ヤスリ500番で整えて、いつも通りクリームでメンテナンス。

その後がこちらです。

f:id:thumoto:20191012212932j:plain

気になる人はもっと番手の高い細かいヤスリを使ってもいいかと。


もちろんアップにするとキズはわかりますが、ケアの後だと、目立たないかと。


もう一足はミヤギコウギョウのキャップトゥ。キャップがキズついてしまい、パテで補修した後ヤスリでデコボコをならして周囲との差を埋めて、クリーム+ワックスで保護。言われると気づく、のレベルに補修できたと信じています笑

f:id:thumoto:20191012213210j:plain

無傷がイチバンですが、美術品のように大事にしまっておくのではなく、履きジワやシミ、そしてその後のメンテナンスで魅力が出てくるもの。

極端な例かもですが、チャールズ皇太子殿下の靴が、穴があいても補修されて履かれていることから「チャールズパッチ」と呼ばれる補修もあります。どこの程度まで補修するか、は人によるでしょうが、アイテムとして長い付き合いを模索していきたいと考えています。

グランドエスケープ、ラン

きのこのこ、のこ、げんきのこ

f:id:thumoto:20190817233056j:plain

 

<もちろん、ネタバレがあります>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


君の名は。』は、映像はもちろんきれいだし、大団円といえばいいのか、雪の西新宿のすれ違いで『秒速5センチメートル』か?と思わせておいて、まだつつくんじゃよとなるあたり、良いストーリーだな、という気になる、your nameは、主人公とヒロインの二人にはこれからがあるのはもちろんわかる一方で、ちゃんと「不思議な縁で出会った男女が結ばれ」エンディングを迎える作品です。

一方、『天気の子』は、何かを得る代わりに何かを失う話です。ヒロインを得る代わりに東京の天気を失った。獲得と喪失こそが『天気の子』をゼロ年代っぽいとか、セカイ系っぽいといわしめるところではないでしょうか。『君の名は。』でも糸守町は消失しましたが、彗星の落下は避けられない運命であり、不可避な破滅そのものとしてあり、変えうる「いかに人を非難させるか」が焦点になっていったのに対して、本作では、陽菜と東京の天気の二者択一です。こここそが『君の名は。』になかった「獲得と喪失」なのではないでしょうか。
大団円は物語の結末としてきれいな形でありますが、「獲得と喪失」のエンディングもまた、カタルシス効果がある結末であり、すべてが欠けずにうまくいった場合よりも、より獲得されたものが強調されるのではないでしょうか。「ゼロ年代作品に影響受けた人たち(というくくりも雑ですが)」が「新海が帰ってきた」というのもの、この二者択一によるところで、セカイ系っぽいというのもそこでしょう。

セカイ系」っぽいという考えはたしかにこの映画を見てすぐに思いましたし、陽菜の能力は、「雨の晴れ間を作る」のみならず、「雷を落とす」シーンから天候を左右するものであり、セカイを動かすものです。
しかし、「セカイ系」についての定義もあいまいなので、なんともですが、wikipediaにあるような「自分のコミュニティの小さい“セカイと、大きな世界が、国家や社会機構の存在無くつながれ、自分たちの一挙手一投足が世界の命運を左右する」という定義に照らし合わせれば、悪い意味で、警察や歌舞伎町のチンピラといった両極ともいうべき存在をはじめ、「社会の構成員」がバンバン主人公たちに干渉してくる姿はセカイ系とはいいがたいのではないでしょうか。

興味深いのは操れるのは「たかだか天気」というところです。誰かをカタツムリに変えられるわけじゃない。雨の日ってだけでは、東京という都市やあるいは日本の社会機構、個々の生活は脅かされないからです。傘を持って通勤や通学をし、洗濯物を部屋干しすればいいわけで、日常の背景が変わるくらいの認識だと思います。「晴れ女」の仕事の際に、依頼をしに来る理由はどれも、個人的なイベントへの想い‐フリマ・結婚式・花火大会-といったことで、「●●の生死にかかわるから」なんて物騒な依頼は来ませんし、依頼も「ホンマに晴れるんかいな」のスタンスで頼むものが多いわけです。

でも、実は陽菜にとっては存在そのものを左右するFatalな問題なわけです。多くの人にとって「明日晴れたらいいな」ていどの問題が、陽菜にとっては「命にかかわる」のです。この構図は、帆高が警察に代表される社会機構との対立軸なのかもしれません。

 

この意味で考えると、「たかだか天気」の「真夏の夜の雪」によって、定時運行で都市の歯車である東京の電車が止まるのは象徴的かもしれません。

この停止から日常への復帰―東京が晴れの夏に戻りつつある―間隙を縫って、帆高は逃げるために、ここから逃避行=エスケープをするわけです。低温から高温への「たかだか天気」に人間の体調は左右されるわけで、まだ日常に完全な復帰ができないこの状況で、帆高をとり逃してしまうのも致し方ないことなのかもしれません。帆高の走りは、それはこれまで、陽菜や凪と逃げ回っていた「行く当てのない」逃避行ではなく、目的へと走り出す逃避行なのです。

 

新宿近郊が舞台として出てくる『秒速5センチメートル』と、『言の葉の庭』、『君の名は』そして『天気の子』ら近年の作品が大きく違うのは、「クライマックスに走り出すこと」でしょう。この走りは「再会」であり、切断されつつある関係性の修復のために走るのです。「安定した天気のもと、東京の電車に象徴される安定した社会」よりも「唯一の人」を帆高は選択するわけです。

この選択の結果、東京はこれまでの姿を保っていられなくなってしまいます。「これまでの安定した社会」ではいられなくなり、「たかだか天気」の連続によって、街並みは変更を余儀なくされてしまいます。

しかし、3年後、雨で東京の四季はどうにかなったはずですが、背景で女学生がお花見を楽しみにしているていどには、街は「たかだか天気」に左右されることはなくなっています。二者択一の(小さな)決断は、社会そのものを変えてしまったけれど、二人にとって「大丈夫」な街なのでしょう。

ビューティフルワークス

f:id:thumoto:20190629234917j:plain

<肝心な本文が消えていたため、たぶんこんなことを書きたかった>
令和になったからと言って、何かが劇的に変わるわけではないのですが、「一世一元」の今の日本においての初めての予定されていた改元は、「盆と正月が一緒に来たよう」なお祭り感がありました。逆に何やってい野かわからないのかもしれませんが、休日が長く祝祭感は高かったですね。
そういったなか、令和のキャンペーンで見かけたのが、このTricker’sのスリッポンフルブローグです。ビジネスシューズよりもカジュアルシューズに関心がある中で、これまで持っていたローファーより、履きやすくもいろんな場面で使うことを考えると、スリッポンの革靴でも、タフよりなものがなにかあるといいなー、と思っていたところでした。

ユニオンワークスは、皆さんご存知のリペア専門店ですが、英国靴の販売なんかもやっていて、ガジアーノガーリングの独自輸入販売なんかもしています。もともと、ガジアーノガーリングの取扱店は少ないですが、以前シューキーパーを探しましたが、確実に扱っているのは都内でも、ここともう1~2店舗くらいしかわかりませんでした。
で、靴をどんどん履いて自分だけのものにしよう、といったコンセプトなのか、Tricker’sは、別注まで展開しており、その中で見つけたのがこれです。
Tricker’sらしく肉厚な革で、アンライドなエドワードグリーンのローファーとは対照的です。勝手にブランドにオープントラックなイメージがありますが、シングルソールのヒドゥンチャネル。一見するとデザインはいかにもTricer’sらしいものですが、いっぽうでスリッポンらしいドレッシーさを出している靴です。
いまの外見が、格別美しいことはないですが、5年後や10年後、20年後の履き・磨き込んだ表情が楽しみだなと思っています。
サイズ感が、本当はハーフサイズくらい小さくできそうでしたが、構造はガジアーノガーリングやエドワードグリーンではなくトリッカーズでかかとの包み込み感が向上するといったわけでもないですし、それを求めるのも違うかと。気軽に履きやすくなることを考えて、そこまでサイズは小さめにしませんでした。

ビジネスとカジュアルの垣根がなくなりつつある今、お客さんに毎日会うといった業種でもなければファッション的なルールはなくなりつつあります。そのなかでシックな方向に行くのか、カジュアルに行くのかは人の価値観や嗜好でしかなく、スニーカーやTシャツのリラックス感が好きなのか、襟付きのシャツやジャケットでのかっちり感が好きという向きもあるという違いでしかなくなりました。Tシャツにスーツで革靴スタイルも提唱されるいま、適度にリラックスしているけれど、シックだと感じる装いは、カジュアルアイテムとドレスアイテムのバランスで成り立っているものかもしれません。

もともとレザーシューズの時点でドレスアイテムとされそうな昨今ですが、その中でも表情はかなりカジュアルより。ですが、ローファーではないので、ドレス度の低いスーツなら違和感なく行けるカジュアルなレザーシューズとして月日の経過が楽しみです。

真っ白なものはエイジングしたくなる

トイレやエレベーターといった機能性を重視するものは新しいほうがいいという人のほうが多いでしょうし、シャツもネクタイなんかもそう言えるでしょう。愛用しているとついついよく着がちですが、食べ物を落としたり、飲み物をこぼしたりすると汚れますし、シルクでできたタイの汚れを落とすのは至難です。

スーツのジャケットがやつれたり、パンツのクリースが消えたりするのは着用すればするほど、なので、あんまり頻繁に用いるといざというとき、あれれ…となってしまいます。一方で、とっておきの一着とすると着た時に借りてきた衣装のようなぎこちなさが出てしまったりするも事実…

購入したてのジャケットを「自分のもの」にするためには仕付け糸を切った後、着てみて家の中でゴロンとお茶を飲んだり、本を読んだりすると、着た時の感じがわかってきますが、こうしたステップを踏んでいると「自分のもの」オーラが出やすくなると思います。もちろんボロは困りますが、馴染んでいる感じが欲しいのがファッションです。

ツイードは長期着れる素材で最初は「固い」ですから、むしろ新品ではなく着倒す感じが魅力的な風合いを生み出しますが、こうした傾向はトラッド系のメンズファッションアイテムに多いでしょう。

 

時計はさておき、革靴はメンズファッションのなかで一番長持ちするアイテムだから、ツイード的な長年の付き合いを求めていくと独特の魅力が生まれます。磨き込み、独特の風格を獲得させたり、時にはアンティーク家具のように「エイジング」させることが好きな人も少なくありません。底がすりきれていたり、つま先がボロボロなんていうのはジャケットと同じく「野暮」に見えますが、ミディアムブラウンの靴を色ムラのある赤味のあるブラウンに磨き込んだりしたり、ライトブラウンの靴をダークブラウンのクリームで染めて行ったり。クリームを塗ってばかりでは革にダメージですので、履いて磨いて…の繰り返しになりますが、徐々に自分の思い描く色に染まっていく、というのが面白いところです。

こちらのGaziano&GirlingのAntibes、もともとはライトブラウンでしたが、購入後半年で、ミディアムブラウンの色合いとなりました。もともとライトブラウンの靴では足元が軽すぎると思っていたので、サフィールノワールのダークブラウンや、イングリッシュギルドのネイビーなどで磨いてきた結果、このような色合いになりました。

f:id:thumoto:20190223235316j:plain

f:id:thumoto:20190223235208j:plain

もう少し、濃いブラウンにできればと思いますが、それは時間をかけていけば…といったところでしょうか。

良い靴はよいところに連れて行ってくれるといいますが、そのためのメンテナンスは欠かせません。