読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Loafers〜夏の英雄たち

夏といえば、やはり脱ぎ履きのしやすいスリッポン。
代表的なのはやはりデッキシューズやローファーでしょう。

特にローファーは、クールビズであれば、
ビジネスにも使えるドレス感のある靴です。
やはり暑かった今年の夏、紐靴を履くのはどうも暑苦しい……というときに活躍するのが、ローファーなどのスリッポンです。

f:id:thumoto:20161001133939j:plain

今年初頭のセールで購入したエドワードグリーンのフルサドルローファー「バッキンガム」。色合い的に他の季節で使えないことはないですが、やはり夏が一番頻度高く履きました。自分には甲が低く、長時間履いてるとキツくなってくる靴ですが、この夏でだいぶ慣れた……気がします。フルサドルで窓なし、セミスクエアトゥのせいか、ドレッシーさに振られている靴なので、スーツにも合いそうですが、試す機会なくこの靴最初の夏は終わりました。

f:id:thumoto:20161001134021j:plain

同じくエドワードグリーンの「ピカデリー」買って2年が経過、やはり甲の部分の締め付けを感じるとともに土踏まずの部分を押してくるため、いわゆるE.G.らしさを感じている靴です。黒のローファーというのは学校の制服のようなイメージがありますが、夏は軽く履きたい風潮のなかなので、ドレッシーな服装に、それ以外の季節は、カジュアルな服装だけれど、かしこまった感じにしたい時に用いています。

f:id:thumoto:20161001134124j:plain

こちらも買って2年になるチャーチのタッセルローファー「フォスベリー」。スエードは秋冬物、というイメージではなくなったいま、濃いめの色合いであることを活かして、ピカデリーと同じように用いていました。スエードなので、表革より柔らかくカジュアルにはより使いやすいと、考えています。

f:id:thumoto:20161001134159j:plain

こちらは、手に入れて7年目になるグレンソンのローファー。初のローファーがスエードもののおかげか、スエードに対しては表革とは違った思い入れがあります。オーソドックスっぽいようで、フルサドル。スリッポンは文字通り「室内履き=スリッパ」の流れの靴であることを思い起こさせるモデルです。明るいスナッフスエードゆえ活躍期間は、夏を中心とした季節に限られ、オフィスカジュアルな場でもケースによっては…という靴だと思いますが、その分この季節はなくてはならない存在です。

 

そうそう、差し色といえば、ソックスだと思いますが、ローファーとほかの靴では差し色の存在感も大きく違います。

ローファーと、

f:id:thumoto:20161001134233j:plain

サイドエラスティックだと、

f:id:thumoto:20161001134303j:plain

このように見える靴下の面積が違います。もちろん靴モデルよって異なるのでしょうが、同じスリッポンでもこのように違うあたり、サイドエラスティックはやはりビジネスサイドの靴、そして、ローファーがカジュアルらしいのはこうしたところのせいなのかな、と。

ようやく?夏が終わり、秋冬のトラッドな装いが満喫できる季節になってきそうです。