読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

At the very very Beginimg:靴をおろす

ファッション 宮城興業 Chuch's

靴を新調したとき、そのママ履いてはだめで、履く前にいろいろと「仕込み」をします。せっかく手に入れた革靴を長く履くならば、プレメンテをしたほうが長く履けるといわれています。

スムースレザーの場合、革を磨いてから履くほうがダメージが少ない、と言われおり、それも単に磨くのではなくて、革を保湿・保護するものがメインとなります。靴用補色クリームの多くが、油分による輝きや補色、保護がメインとするなら、革の保湿につかうのがデリケートクリームやレノベイタークリームと言う名前のものになります。ここも通常のメンテナンス同様、人によってさまざまな方法があり、人によっては店頭に並んでいた時代のメンテで使われていたクリームなどを落とす、という人もいます。クリーム落としのリムーバーやレザーローションを使うかはともかく、保湿として先ほど挙げたようなクリームを使います。メジャーブランドがコロンブスと差フィールだと思いますが、コロンブスなら、デリケートクリーム、サフィールならレノベイタークリームでしょうか。そのあとは通常のメンテと同じように色付きのクリームを塗っていきます。

また、アッパーだけなく、ソールのプレメンテも大事です。レザーソールはすぐにつま先部分が欠けてしまい、オールソールへの期間が短くなってしまいがちです。特に、まだ返りの浅い新品は削れやすいと聞きます。そのため、トゥスチールを貼ることを、アッパーへのプレメンテと同時に行うようしています。ハーフラバーを貼る人もいますが、個人的にはオールソールできるのがグッドイヤーウェルとの経年だと思いますので、トゥスチールのみの仕様にます。ハーフラバーを交換し続ければ半永久的に履けるわけでオールソールをさせたくない/できない革靴には有効だと思いますが…

ラバーソールの靴はもちろんそのままです。

スエードの靴もブラッシングとスプレーは履く前に万全に。スエードは普段の手入れも、履きおろしの手入れも楽なのが隠れた魅力ですね。

f:id:thumoto:20170128182446j:plain

履き下ろす際に、足を入れて歩き出せば、歩き皺が生まれていくと思いますが、これのかたちにこだわる人もいます。「儀式」と呼ばれるこの行為、靴を履けど、一歩踏み出す前の状態で、ペンや箸のような棒を自分の望むアッパーの位置に充てて曲げることで、希望する位置に皺をつくろうというもの。ここまで来るとすごい…としか言いようがないですが、せっかく買った靴をきれいに履いていきたいという意味ではプレメンテだけでなく日常的なメンテなども大事になってきますので、自然な気持ちなのかもしれません。

f:id:thumoto:20170128182506j:plain