読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行く都市来る歳

f:id:thumoto:20161230222553j:plain
年末年始の装いはラフな人が多いと思います。
せっかくのお休みなので、わざわざ堅苦しいカッコウをする必要はないものの、トラディショナルなカッコウが好きな人の中には、タイを冬は締めたいという人もいます。
カジュアルかつ簡単な装いとしては、Tシャツや、シャツの上にカーディガンなどを着た上にダウンジャケットを羽織るのが一番あったかいのではないでしょうか。
通年を通してのミニマルなクローゼットを目指すのなら、パンツ(ズボン)はともかく、「上」に関しては冬場にダウンジャケットを羽織るだけ、といったスタイルのほうが、複数のコートを持つよりも、かさばりは少なそうです。ダウンジャケットはこんもりしているイメージですが、最近は、インナーとして内張りされているタイプ、一見するとふつうのチェスターコートのように見えるものもあるようです。脚は冷えそうですが、こういったものがあれば、春夏のスーツであっても冬も問題なさそうです。
しかし、それではやはり寒い気もするし、秋冬は季節に来たものが着たい・・・という方もいると思います。
私自身も季節に合わせた格好がしたいというタイプでもあり、以前も多くないコートの種類を紹介したわけですが、体温調整が、ダウンジャケットとの組み合わせよりもフレキシブルにしやすいのが、コートやジャケット、ニットの重ね着でしょう。
日中、ジャケットの上のコートでは暑い時には脱ぎ、朝晩は着込んで行くのも良いかもしれません。もちろん地域天候によりますが、マフラーをしっかり巻けば、日向ならそこまで寒くはないのでは。流行りのチェスターコートの下にベストの着こなしも、コートまたはパンツと同色系なら上手くまとまってくれそうです。カジュアルな印象のキャメルか王道のネイビーのチェスターコートでしょうか。グレーだと白地パンツなどと合わせれば気品が出そうです。
タイはするとあったかいもの。するならばコートなどに合わせるならネイビーもしくはブラウンのウールタイとかでしょうか。
靴は、冬らしくブーツも良いと思いますが、寺社への参拝や親戚友人宅へあがっての挨拶を考えると、脱ぎはぎしやすいチェルシーブーツや、はたまた、どことなく品のあるタッセルローファーなんかが適してるかもしれません。スエードだとカジュアルながらも品もありそうです。
もう新年もすぐそこ。より良い装いでより良い年にしたいですね。

f:id:thumoto:20161230224848j:plain