読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Another one: buy it dusty;色違い

装いのアイテムを増やして行く際によくやるのが色違いのものを買っていくこと。以前、ここで紹介したチェスターコートのようにシルエットは同じものを色違いで買うと、使い方の違いは純粋に色の違いとなり、新しい色を取り入れやすいのではないでしょうか。

チェスターコートの場合、ブランドなどは手持ちのチェスターコートと違うシルエットが同じの色違いでしたが、もっと厳密?に、メーカーが同じでの色違いのものを買うことも、気づくといろいろなところでやってました。

 

スーツの場合、3つボタン段返しのスタイルが好きなのですが、柄や色はもちろん、返しの具合やウェストの絞り込み具合、パンツの細さ・太さなどを好みで絞り込んでいくとなかなかクリアするものが減っていってしまいます。気に入ったスーツの色違いがあれば、購入してしまいます。特にツープライスブランドの店ではその年によっては出てくる柄やシルエットが気に入らないものしかない、というときもあります。買って後悔よりも買わぬ後悔とコレクターの格言にありますが、「出会ったタイミングで買う」のは大事かな、と思います。(衝動買いと区別つけるのが難しいところですが……)

f:id:thumoto:20161217132114j:plain

画像のスーツは基本のスーツとして探してた、無地のチャコールグレーとネイビーのスーツ。Suit Company系列はよく利用するのですが、完全な無地のスーツはなかなか見つからず、ちょうど見つけたブランドので展開していた違う2色の同じスーツを購入。

ジャケットの内側のポケットは意外と位置がそれぞれ異なりますが、こういった色違いのものであれば、そのあたりの使い勝手も変わらないのも良い点です。

 

ネクタイも、シルエットは大きく変わらないため、すべて色違いのようなものなのですが、青地にドットの

ものはいくつもあっても困らない……と同時に買ったのがこの2本のFairfaxのタイ。ブルーの明度が違うため、気分やその日の予定の内容に合わせて使い分けています。

シャツも同じくFairfaxのタイトシルエットのものを白とサックスで。シャツはカラーの幅だけでなく、見頃のゆとりの具合もシャツによって異なるもの。そこがフィットしているものだと安心します。

f:id:thumoto:20161217145012j:plain

f:id:thumoto:20161217145055j:plain

 

靴はミヤギコウギョウはラストが2種類しかないので、色違いのようなとのですが、最近だとスエードのダブルモンクを購入。ブラックのダブルモンクはすでに愛用して履き心地はわかってましたが、よりリラックスしたシーンが多いときならばオンオフ限らず使えるのが良いところです。

f:id:thumoto:20161217150041j:plain

さまざまなブランドを試して使い勝手を知るのも良いですが、もうすでに使い心地がわかっているブランドからの選択はチャレンジミスということはないです。すべての物を試すのは不可能な以上、同じブランドをさらに使い込んでいくのも良いのかもしれません。