読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Swing, swing, swing:ミヤギコウギョウ「カキツバタ」(スエードダブルモンク)

ファッション 宮城興業

かしこまった表革のキャップトゥや、プレーントゥなどシンプルな靴が年季が入りつつも磨かれ手入れされいるととてもステキです。しかし一方で、脱ぎ履きしやすいスリッポンや、スエードなどもとてもステキなもの(笑)

 

カジュアル化が世の中の流れのせいかブラウンの表革の靴はすでに、カジュアルというよりはビジネススタイルのなかに位置しており、ブーツやスリッポンでない限り、オフの日に履くというのもやや「重たい」印象を受けます。スエードの靴は、チェルシーブーツやチャッカブーツではすでに持っているものの、短靴で欲しい……それも同じように着脱がラクなものをと考え購入したのが、WFG別注の、ミヤギコウギョウのダブルモンク。

f:id:thumoto:20161119220833j:plain

ダークブラウンとブラックとありますが、今回は汎用性が高そう?なダークブラウンに。スエードタンナーとして有名な英国のものを使っているそうで、表革が日本産で、ラストは良いが革の質が……と批判されることを考えると、そういう懸念もなさそうです。(個人的には表革の革質は充分だと思います……もちろん最上級のものということはないですが、磨いても効果なし、ヘタレやすいといったものも世の中にはあるなか、ちゃんと磨けば返してくれると感じています)

すでに同じモデルの表革ブラックを持っているため、履き心地がわかり、安心というのもの決め手になりました。

f:id:thumoto:20161119221417j:plain

ソールはこのブランドお馴染みのやや踏まずが盛り上がったヒドゥンチャネル。きれいな反面、履いてる最中の滑りや削られが心配なので、トゥにスチールをつけました。

 

このくらいのダーク具合のブラウンだと、スーツに合わせても違和感はなさそうです。その一方でジャケットスタイルのオフの日のコーデもはかどりそうで、期待です。